いかみクリニックブログ

tel_sp.png 診療時間 アクセス

2016.02.16更新

寒くなったり、暖かくなったり天候不順な日が続いています。
大阪府ではインフルエンザの患者数が増加し、2月1日から7日において警報レベルを超えました。
1月のブログでも報告しましたが、いかみクリニックでも患者さんが増えており、特に先週からはインフルエンザの患者さんが急増しています。型はA型もB型も認められ、年齢も小児から高齢者まで流行しています。
インフルエンザワクチンの接種者でもインフルエンザを発症していますが、いかみクリニックの患者さんで見る限りでは発熱も症状も比較的軽いかたが多く、一定のワクチンの効果はあるようです。

予防には


::マスク

::うがい

::手洗い

 
::マスク
::うがい
::手洗い
を徹底しましょう!

インフルエンザは小児や高齢者、免疫の低下している人がかかると重症化するおそれもあります。
またインフルエンザウイルスの量は2~3日でピークになり、その後は減っていきます。ウイルスが増えすぎた状態で抗インフルエンザ薬を使用してもおさえられないため、発症後48時間以内でないと有効性が少なくお勧めできません。

症状があらわれたら早めに医療機関を受診しましょう。

また家族や身近なかたがインフルエンザにかかった時の抗インフルエンザ薬の予防投与について相談されることもあります。
この場合もインフルエンザにかかった人に接触後2日以内に使用する必要があります。
ほとんどの場合通常の1日量の半分の量を投与期間を倍にして使用します。
最近よく使用されることが多い抗インフルエンザ薬::イナビルは10歳未満の小児には予防投与の適応がありません。点滴の抗インフルエンザ薬::ラピアクタは予防投与には使用できません。
さらにいずれの抗インフルエンザ薬も1歳未満の乳児には安全性と効果がはっきりしていないため原則として使用できません。

そしてインフルエンザの予防の基本はワクチンによる予防であり、抗インフルエンザ薬による予防使用はワクチンによる予防に置き換わるものではない・ということを充分わかっておく必要があります。

インフルエンザにかかってしまったら・・・
◎安静にしてカラダを休め、十分な睡眠をとりましょう。
◎胃腸にやさしい食事をして、水分を多いめにとりましょう。
◎まわりの人にうつさないようにマスクをつけ、タオルなども別にしましょう。
◎外出をひかえ、無理して仕事などにいかないようにしましょう。もちろん学校お・や・す・み!です。

大阪市生野区巽東にある井神クリニックではインフルエンザが疑われる患者さんには別の部屋で待っていただき、他の患者さんとの接触をなるべく少なくなるよう配慮しています。車でこられたかたには車で待機していただくこともあります。
「インフルエンザかなあ~」と思ったら受診前に連絡いただけると助かります。

いかみクリニック・院長の井神 仁(いかみひとし)でした。

投稿者: 医療法人仁神会 井神クリニック

2016.02.15更新

 今年ピッカピカの小学1年生になる年長児のみなさん!!
もう麻しん・風しん(MR)ワクチンの接種はすみましたか?
まだ受けていない平成21年4月2日から平成22年4月1日生まれの方は急いで接種をうけてください。公費での定期接種は平成28年3月31日までです。

平成26年は国内で463人の麻しん患者の発生報告があり、平成25年の報告数(229人)の約2倍となりました。大阪市内でも17人の麻しん患者の報告があり増加しています(大阪市ホームページより)。 
麻しんは感染力が非常に強く、肺炎や脳症などの合併症を起こすことがある病気です。

風しんも平成25年は大阪市内で流行し、多数の患者が報告されました。

ワクチンを接種することにより麻しん・風しんは予防できるといわれています。 
 

 また風しんの抗体が低い女性が妊娠初期に風しんにかかると白内障・心疾患、難聴などの障がいをもつ先天性風しん症候群の赤ちゃんが生まれることがあります。

大阪市では
妊娠を希望する女性
妊娠を希望する女性の配偶者
に対してワクチンの接種費用の助成をおこなっています!!
もちろん妊婦の配偶者も対象となります。
いずれも風しん抗体価が低いのが条件となります。

対象者のかたはまずは風しんの抗体が低いかどうかを調べる必要があり、大阪市民であれば各区の保健福祉センターで抗体検査が受けられます(無料)。
検査するにはいくつか条件があるので事前に保健福祉センターに問い合わせて申し込んでください。
生野区保健福祉センター::℡06-6715-9882

大阪市生野区にある井神クリニックでは年長児や免疫の少ない方への麻しん・風しん(MR)ワクチンの接種をおこなっています。
  風しんワクチン接種費用助成対象者のかたには申請に必要な予防接種済証もおわたしします

平成28年3月31日までにワクチン接種を済ませましょう!!
 


 


投稿者: 医療法人仁神会 井神クリニック

2016.02.03更新

1月30日土曜日の診療をお休みさせていただいて、日本総合健診医学会と国際健診学会に参加し勉強してきました。
また医学会終了後に人間ドック健診専門医としてのスキルアップのため、専門医講習会も受講してきました。

さて、人間ドックや健診ときいてどういったイメージがあるでしょうか?

健診の目的は、病気の発生予防をめざす「一次予防」、
病気の早期発見と早期治療をめざす「二次予防」、
そして、病気であったとしても、その悪化を防ぎ、社会生活を全うできることをめざす「三次予防」
であると聖路加国際大学 聖路加国際病院附属クリニック予防医療センター長・増田先生は述べられています。

そしてこの三つの予防のために、自分に合った健診を健診をおこなう医療者とで一緒に創りあげていくことが大切なのです。

大阪市生野区巽東にある井神クリニックでは企業健診(定期健康診断)・雇入時健康診断をはじめとして、短時間で気軽に受けていただける各種健康診断・プチドックを実施しています。

血液検査を基本とし、健診を受ける人の気になっている点や考えを考慮してオプション項目を決めていただいています。病院レベルのような充実した画像診断はできませんが診療所でのプチドックして気軽に受けていただけるように努力しています。

カラダも定期検査・メンテナンスが必要です。

普段無意識に行っている生活習慣を見直し、病気の予防に役立てましょう!

いかみクリニック院長・井神 仁(いかみひとし)でした。

投稿者: 医療法人仁神会 井神クリニック

いかみクリニックブログ Facebook 禁煙外来・AGA外来ネット予約
bottom_tel.png
TEL:06-6757-1346
 診療時間:9:30~12:30 16:30~19:00