いかみクリニックブログ

tel_sp.png 診療時間 アクセス

2016.04.25更新

平成28年4月14日から続く熊本地震で熊本県を中心に甚大な被害が及んでいます。
被災された皆様には心からお見舞いを申し上げます。

日本禁煙学会では健康被害をもたらすことがあきらかなタバコに焦点をあてて、社会全体としての健康保持を目指しています。
今回日本禁煙学会の大阪支部が設立され、その立ち上げに携わることができました。
時同じにして、くまもと禁煙推進フォーラムが中心となり日本禁煙学会熊本県支部の設立が5月に予定されていました。
くまもと禁煙推進フォーラムは平成21年から人々の健康づくりに貢献する活動をおこなっており、被災者でもある熊本内から被災された方の疾病を予防するために情報を発信されてますのでその一部+αを伝えたいと思います。
 

○睡眠:・睡眠は疲労回復や精神安定に重要です。十分まとまった睡眠がとれないと思われますが夜間は照明を暗めにし、6時間以上睡眠をとりましょう。(適宜昼間の仮眠も必要です)
○運動:身体を積極的に動かしましょう。エコノミークラス症候群予防のためにも1時間に1度の定期的な足の運動もとりいれましょう。
○食事:塩分は血圧を上げ循環器疾患の危険を増すので減塩を心掛けてください。特に高血圧症の方は注意が必要です。もし可能なら、野菜や 果物も食べて下さい。
○感染:マスクを着用し、手洗いや歯磨きをしましょう。避難所でノロウイルス感染症やインフルエンザが確認されています。熊本県からも感染予防のための9カ条が発信されました。
○薬:どうしても飲まないといけない薬もあります。体調と相談してはやめの医療機関の受診も必要です。
○飲酒・たばこ:アルコール類は、循環器疾患、感染予防、精神衛生上からしばらく控えることをおすすめします。またタバコの煙は多くの有害物質を含み、心臓や脳の血管の病気、血栓の形成、呼吸器疾患、 感染症、アレルギー性疾患を発生・悪化させてしまいます。特に避難所内には小さなお子さんもおられます。受動喫煙の防止のためにも屋内や出入り口近くは 禁煙としてください。想像を絶するストレスがあるかと思いますが周りの方の身体のためにもよろしくお願いします。
○エコノミークラス症候群(肺血栓塞栓症と深部静脈血栓症):足の静脈に血の塊がで き、肺の血管につまる怖い病気です。車中泊や狭い場所など身動きしづらい場所に長時間すわり続けた人が、立ち上がった際に突然呼吸困難に襲われるものです。足 を曲げることなく休める環境を作り、数時間おきに立ち上がり運動をしましょう。水分はがまんせずにこまめにとりましょう。膝の裏側やふくらはぎがはれて痛みを感じるようなら立ち上がらず!、周囲に助けを求め、医師の診察をうけましょう!(立ち上がったとたんに血栓が肺につまって危険な状態になることがあります)

文章にするには簡単ですが、とてもそのような状況でないかたもおられると思います。
本情報が少しでも健康保持のお役に立てればと思い紹介させていただきました。

井神クリニック院長の井神 仁(いかみひとし)でした。
 

投稿者: 医療法人仁神会 井神クリニック

2016.04.11更新

国立感染症研究所によると「おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)」が約4年半ぶりに全国的に流行の兆しをみせています。

「おたふくかぜ」はムンプスウイルスというウイルス感染症であり、潜伏期間が2~3週間と長く、耳やあごのしたが腫れて発熱や痛みがでてきます。約10日程度で自然に治ることが普通ですが、髄膜炎や脳炎・1000人に1人程度の割合で難聴になったりする場合もあります。
3~6歳児が約6割をしめますが、おたふくかぜの抗体をもっていない大人も感染します。大人で感染するとこう丸炎や卵巣炎になったり、妊婦が感染すると流産を引き起こすといわれています。

「おたふくかぜ」の原因となるムンプスウイルスは、くしゃみやせきなどに含まれ広がります。
効果的な治療薬はなく、予防法としては人ごみでのマスクや手洗い・うがいなどの基本的な対策のほか、予防接種をうけておくことが大切です。
予防ワクチン接種は1歳をすぎたらMRワクチン、水痘(みずぼうそう)ワクチンなどとともに接種しましょう。近隣の奈良県・兵庫県の一部市町村では、おたふくかぜワクチンの公費助成制度がありますが、大阪市では任意接種(自費)となります。
そして標準的には小学校入学前(幼稚園・保育園の年長)にMRワクチンとともに2回目を接種します。大人になっても効果を持続させるには2回接種することが必要です。
 

大阪市生野区巽東の井神クリニックではワクチン接種にも力を入れています。
過去におたふくかぜにかかったかどうかがわからない場合もあります。
またおたふくかぜは不顕性感染といって、ウイルスに感染しても症状がでないことも多くみられます。
この場合でもワクチン接種により問題となる副反応を生じることはないと考えられているので、ワクチン接種をしても良いと考えます。
ご相談ください。
いかみクリニック院長・井神 仁(いかみひとし)でした。
 


 

投稿者: 医療法人仁神会 井神クリニック

2016.04.05更新

大阪市生野区巽東の内科クリニック・いかみクリニック院長・井神 仁(いかみひとし)です。

最近当院に通院されているかたで転倒するかたが増えてきました!
そんなに高齢でもなく、カラダが不自由でもなく、杖をついているのでもなく、おし車を使用しているのでもなく です!!
手足や顔が赤くはれてて、ビックリすることもあります。
特にそれがはじめての場所ではなく、普段よくいく場所であったり、自宅内でつまずいたり、こけたりしています。

何でもない所で、つまづいたりするようになってませんか?

少しの段差でひっかかったり、くつをはくときや乗り物に乗っててよろけたりすることが多くなってませんか?

それは、加齢からくる下肢の筋肉のおとろえです!!

「老化は足(脚)から」と言われているように、脚の筋力は20~30歳をピークに、40歳位からゆるやかに減少し、60歳になると急激に低下します。そして60歳以降もへり続けます。そして自分の体重を自分の足(脚)で充分に支えることができなくなってくるのです。

いかみクリニックでは体組成計検査をおこなっています。

体組成計検査では体重・体脂肪量・体水分量・筋肉量などの全身体組成とそれに基づく多様な項目がわかります。特に体重を支えるだけの脚部(足)筋肉量をもっているかどうかが脚点(脚部筋肉量点数)という点数で表示されます。
数字で客観的に表示されることにより、下肢がどれだけおとろえているかを知ることができます。

下肢のおとろえに、はやめに気づくことで老化を予防することができます。

特に筋肉量は適度な運動や食事などで増やすことができます!しかも何歳からでもです!!

足腰がよわったかな?と感じたときには体組成計検査をうけてください。
体組成計では同時に
体脂肪率
内臓脂肪
基礎代謝量
体内年齢
などもはかることができます。

自らの身体を見つめ、生活習慣を見直すきっかけとして、定期的な測定をオススメしています!


投稿者: 医療法人仁神会 井神クリニック

いかみクリニックブログ Facebook 禁煙外来・AGA外来ネット予約
bottom_tel.png
TEL:06-6757-1346
 診療時間:9:30~12:30 16:30~19:00