いかみクリニックブログ

tel_sp.png 診療時間 アクセス

2018.01.16更新

先日のブログでインフルエンザ対策や感染の予防には・ま(マスク)・う(うがい)・て(手洗い)の徹底が大切と書きました。

しかし当院を受診された患者さんの中にも正しくマスクのつけていないかたやうがいに対するまちがった思い込みがあるかたがおられます。

もう一度確認してみましょう!!

ま::マスクの正しいつけ方

マスクつけ方

①うら・おもてを確認
マスクの折り目が下向きに来るのが表です。 逆に付けると、折り目に花粉やほこりが溜まり、逆効果になるので注意!
多くの場合、ゴムの接着面が外側にくるように付けるが正しい!

②ワイヤーを上にする
鼻まわり用のワイヤー(はりがね)が付いているほうが「上」です!

③マスクを顔にフィットさせる
隙間がないようにワイヤーを鼻の形に合わせて曲げます。
折り目を広げ、必ずアゴまで隠します。
鼻まわり・アゴまわり・ほほまわりが、ポッカリ開いてしまっていないか、すき間がないか最終チェック!

う::うがいのしかた

うがい

①ぶくぶくうがい
水を口に含み、ぶくぶくして吐き出す。

②がらがらうがい
水を口に含み、のどの奥まで届くように上を向き、15秒ほど、がらがらして吐き出す。

③ぶくぶくうがいを1回したあと、がらがらうがいを3回ほどくりかえします(のどからの菌やウイルスの侵入を防ぐ!!)

**うがいの感染予防効果**::

うがい効果

・「水うがい」だけで風邪発症が4割減少
・「ヨウ素系うがい薬(イソジンうがい液など)でうがい」は、「うがいしない」とほとんどかわりなしでした。

➡つまり感染予防においては水でのうがいのみで十分です。のどの赤くなったりすればイソジン液などのうがい液でのうがいが有効です。(かぜをひいたらこまるからいつもイソジンでうがいしてます・というかたがおられますが口の中の正常なよい菌までなくなるのでかえって効果がないようです)

 て・手洗いのじょうずなしかた

手洗い

①石けんをつけ、手指の各部分を丁寧にこすり洗い、ねじり洗いしましょう。

②十分な流水で石けんを洗い流した後、清潔なタオルやペーパータオルでよくふき取りましょう。

※本日のTV:林 修の今でしょ!でもマスクの正しいつけ方や手洗いの仕方が放送されました。手洗いは特に2度洗いがより効果的です。

 基本的なことですがこれらをおこなうことにより、感染のリスクをへらすことができます。また感染してしまった場合でも広がらせないためにも続けましょう!

大阪市生野区巽東の井神(いかみ)クリニック・院長の井神 仁(いかみひとし)でした。

投稿者: 医療法人仁神会 井神クリニック

2018.01.12更新

2018(平成30)年が始まり、1週間以上がたちました。地域によっても異なるようですが1月7日(地域によって1月15日)までが「松の内」とされており、年賀状のお返しもそれ以後は「寒中見舞い」を送るそうです。正月気分も一区切りといったとこでしょうか!

犬

 

井神(いかみ)クリニックも1月5日より診療開始しましたが、今週に入ってインフルエンザの患者さんが増えてきました。型はA型もB型も認められ、年齢も小児から高齢者まで流行しています。

厚生労働省は5日、全国約5千カ所の医療機関からのインフルエンザの患者数が、注意報レベルを超えたと発表しました。流行は例年より早く始まっているようです。都道府県別では、宮崎県>長崎県>岡山県>山口県>大分県-の順で、西日本で特に流行しています。

年末年始は学校や職場が休みでしたが、年が明けて仕事が始まり、学校も多くは9日から始まっています。このため今後さらにインフルエンザが広まっていくと思われます。

○せきやくしゃみがでる人はマスクをして感染拡大を防ぐようにしてください。そして自分への感染を防ぐためには・・・ま・う・て を徹底しましょう!

::マスクマスク

インフルエンザの主な感染経路は、せきやくしゃみをした時に口からでる小さな水滴(飛沫)による感染です。これを浴びないようにすればインフルエンザに感染するのを減らすことができます。また感染したした人がマスクをすることがとても重要です。

::うがいうがい

::手洗い手洗い

流水・石鹸による手洗いは手指などについたインフルエンザウイルスをとるのに有効です。またアルコール製剤などの手指消毒なども効果があります。

○空気もとても乾燥しています。空気が乾燥すると、気道の粘膜の防御機構が低下しインフルエンザにかかりやすくなります。こまめな水分補給や加湿器などで室内の湿度を高める(50%前後)ことも必要です。

○最近の急激な温度変化やお正月休み明けの疲れで抵抗力もおちてきています。バランスのとれた栄養摂取と早めの睡眠を心がけましょう!

症状があらわれたら早めに医療機関を受診しましょう!

井神(いかみ)クリニック・院長の井神 仁(いかみひとし)でした。

投稿者: 医療法人仁神会 井神クリニック

2018.01.05更新

あけましておめでとうございます。

謹賀新年2018

2018年が始まりました。2018年は「戌(いぬ)年」〜”新しい何か”を生み出すのによい年と言われているそうです。

今年こそは!と何かを始められたかたも多いのではないでしょうか!

昨年は秋頃から年末にかけて、健康診断を受けられた方が例年より多くみられました。しかも会社などに提出する健診ではなく、自分の身体を一度チェックしたい・とのことで受診された方がほとんどでした。

井神(いかみ)クリニックではクリニックレベルでの現時点での身体のチェックをおこない、①各種体内年齢を正しく知る ②病気のリスクを判定してそれに備える ③老化を予防し健康を維持する ④時にはサプリメントもうまく活用する などなど、その方の気になっていることをお聞きしてご提案をさせていただいています。健診センターや人間ドックなどのように内視鏡検査やCT・MRI検査などはできませんが、気軽に受けてもらえるように心がけています。(検査内容等はホームページ→コチラ!をご覧ください※これらの検査はすべて予約制で自費検査となります。※費用も確認ください。

 何を始めるにも、まず身体が第一です。まずは自分の身体をチェックして新しい年をがんばりましょう!

そしてどんなことでもいいです。まずは身体のために何かいいことを一つ(例えばタバコを今年はやめる・、太り気味のかたは体重をまずは3kg減らす・・などなど)をやり始めましょう!

井神(いかみ)クリニックは今年も職員全員でがんばります。よろしくお願いします。

診察

投稿者: 医療法人仁神会 井神クリニック

いかみクリニックブログ Facebook 禁煙外来・AGA外来ネット予約
bottom_tel.png
TEL:06-6757-1346
 診療時間:9:30~12:30 16:30~19:00