体組成計検査(からだ年齢)

tel_sp.png 診療時間 アクセス

体組成とは

体組成とは、体を作っている筋肉、脂肪、骨などの組織のことを言います。その体組成を測定して表示するのが、体組成計です。体組成のバランスが悪いと、肥満や生活習慣病、さらには体調の乱れにも繋がります。健康管理を行うには、体重だけではなく、体脂肪率、脂肪の内容(皮下脂肪か内臓脂肪か)、筋肉量などの測定により体組成をチェックして、体のバランスを知ることが重要となります。

体組成計検査でわかること

体組成計検査では、「体重」「体脂肪率」「内臓脂肪」「基礎代謝量」「脚点(脚部筋肉量点数)」「体内年齢」「体型判定」など、様々な項目がわかります。

 

体脂肪率 体重に対して脂肪がどれだけであるかがわかります。
内臓脂肪 内臓脂肪は腹筋の内側についた脂肪のことです。
単にウエストをはかるよりも、内臓脂肪量がわかります。
基礎代謝量 脂肪が燃えやすく肥満になりにくいカラダなのか、脂肪が燃えにくく太りやすいカラダなのかがわかります。
脚点(脚部筋肉量点数) 体重を支えるだけの脚部(足)筋肉量を持っているかどうかがわかります。低いとつまづいたり転倒しやすくなります。老化は下半身からすすむので、特に注意が必要です。
体内年齢 測定した体組成が 「どの年齢の体組成と近いか」 を表現したものです。
体型判定 体脂肪率と筋肉量を考慮した体型判定で、かくれ肥満や運動不足などもわかります。

体重計や体脂肪計ではわからなかったリスクが見つかります

体組成計検査では、全身の体組成を測定することで、体重計や体脂肪計ではわからなかった 「筋肉量の低下」「内蔵脂肪の増加」「脂肪が燃えにくく、太りやすい体なのかどうか」など、様々な体の状態に気づくことができます。また、「かくれ肥満」「運動不足」 になっていないか、「つまづき・転倒」のリスクはないかなどもチェックできます。これらの変化にいち早く気づき、その推移をチェックすることで、健康の悪化や間違ったダイエットを防ぐことができることが、体組成計検査のメリットであると言えます。

体重計や体脂肪計ではわからなかったリスクが見つかります

体組成計検査の流れ

1検査の予約

短時間の検査ですので当日受付も可能ですが、その時の診察状況によってはお待ち頂く場合もあります。お電話でのご予約も可能です。「特定健診」「企業健診」「各種健康診断」「プチドック」のオプション検査として受けることも可能です。ただし、ペースメーカーが入っている方や、妊娠中の方は測定できませんのでご注意ください。(単独での検査の場合、別途、初診料がかかります。)

2結果

測定後、約10分で結果をお渡しすることができます。

体組成計検査の費用

検査費用 800円(税抜)
体組成計単独のみの検査 1,000円(税抜)
いかみクリニックブログ アンチエイジング Facebook 禁煙外来・AGA外来ネット予約
bottom_tel.png
TEL:06-6757-1346
 診療時間:9:30~12:30 16:30~19:00