慢性腎臓病の尿中マーカー測定
CKDリスクチェック検査

tel_sp.png 診療時間 アクセス

慢性腎臓病CKDとは

慢性腎臓病(CKD)とは糖尿病性腎症・腎硬化症・慢性糸球体腎炎など慢性に経過するすべての腎臓病の総称であり、
①腎障害:タンパク尿などの尿異常、画像診断や血液検査などで腎障害が明らかな状態
②腎機能の低下:血清クレアチニン値をもとに推算した糸球体ろ過量GFRが60ml/分/1.73㎡未満の状態
このいずれか、または両方が3か月以上続いている状態をいいます。

高血圧症や糖尿病などの生活習慣病との関連も深く、脳血管障害や心臓病などのリスクが高くなることもわかってきました。

CKDリスクチェック検査とは

尿中L-FABPと尿中アルブミンを測定する、CKDの早期発見と重症化予防を目的とした検査です。

〇L-FABPは腎機能低下の原因である尿細管虚血に伴う酸化ストレスの亢進をとらえるマーカーです。

〇尿中アルブミンは腎機能低下の結果を反映するマーカーです。

CKDリスクチェック検査とは

このようなかたにおススメです

腎臓の機能低下予測➡ハイリスクの方をごく早期の段階で見つけることを目的としています。
次のような項目が当てはまるかた、生活習慣病が気になるかた!

このようなかたにおススメです

CKDリスクチェック検査の流れとリスク判定

1検査の予約

検査は予約制です。来院かお電話でお申込みください。特定健診・企業健診・各種 健康診断のオプション検査として受けることが可能です。(単独での検査の場合別途初診料がかかります。)

2検査

尿の検査です。ご来院いただき、採尿をおこないます。
注意事項☞尿の検査ですので尿が出る状態でご来院ください!

3

検査結果が判明するまで2~3週間ほどかかります。

結果は慢性腎臓病のリスクをビジュアル化した見やすい形式で表示し、またリスクに応じたコメントを付けてお返しします。
個別項目についても項目の解説とコメントがついています。

CKDリスク

CKDリスクチェック検査の費用

この検査は自費となります。

検査費用 9,000円(税抜)
いかみクリニックブログ アンチエイジング Facebook 禁煙外来・AGA外来ネット予約
bottom_tel.png
TEL:06-6757-1346
 診療時間:9:30~12:30 16:30~19:00