老化の予防と健康の維持

tel_sp.png 診療時間 アクセス

老化の予防と健康の維持

病気によって割合は異なりますが、病気の発症には遺伝要因が約30%、生活習慣などの環境要因が約70%影響していると言われています。生活習慣病に関わりの深い肥満や高血糖、動脈硬化、高血圧症などのリスクや体質などの遺伝的傾向を知る検査が遺伝子検査です。検査の結果を知ることが、生活習慣や環境の改善などに取り組むきっかけとなり、かかりやすい傾向にある病気を未然に予防することが可能となります。

また活性酸素などで体が酸化されることによって受けるダメージのことを「酸化ストレス」といい、現在日本人の死因のトップを占める三大生活習慣病(ガン、心臓病、脳卒中)の原因ともされています。酸化ストレスチェック検査で老化による身体のサビ(酸化)をチェックしてカラダの 「サビつき度」 を調べ、バランスのとれた状態にしていくことが重要です。酸化ストレスは強すぎても弱すぎてもいけません。バランスが重要なのです。このことが老化を防止し、同年代でも若く見え、病気になりにくいカラダにしていくことにつながるとされています。

いかみクリニックブログ アンチエイジング Facebook 禁煙外来・AGA外来ネット予約
bottom_tel.png
TEL:06-6757-1346
 診療時間:9:30~12:30 16:30~19:00