禁煙外来

tel_sp.png 診療時間 アクセス

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 禁煙がなかなか上手くいかない
  • 健康が心配なので禁煙したい
  • 禁煙したいが自信がない
  • まわりの人から禁煙をすすめられている
  • タバコによる肺疾患、がん、動脈硬化などが心配だ
  • 受動喫煙による家族の病気リスクが心配だ
  • タバコを吸った後の口臭が気になる
  • 子供が生まれるのを機にタバコをやめたい
  • 常々「タバコ代がもったいない」と思っている
  • 職場が禁煙なので、タバコをやめたいと考えている

禁煙できないのは「ニコチン依存症」だからです

タバコをやめたいのにやめられない。それは「意思の弱さ」ではなく、ほとんどの場合、長年の喫煙習慣により「ニコチン依存症」という病気にかかっているからです。
タバコは、肺の生活習慣病であるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の最大の原因となるほか、がん、脳卒中、心筋梗塞、動脈硬化、高血圧、糖尿病などのリスクを高めるとされています。
そしてタバコを吸うご本人だけでなく、受動喫煙(他人の吐き出したタバコの煙を吸うことにより、喫煙者本人よりも高い毒性を取り込んでしまう)により、まわりのご家族などの病気リスクを高めてしまう場合があります。

当クリニックの禁煙外来

院長は「日本禁煙学会認定禁煙専門指導医」です

当クリニックの院長は、日本禁煙学会認定の禁煙専門指導医です。適切な方法で皆様の禁煙をサポートします。

禁煙補助薬を処方します

禁煙外来を受診された方には、医療機関のみで処方される「チャンピックス」などの禁煙補助薬を処方します。また、「ニコチネル」などの張り薬も処方します。それらを服用したり、パッチを貼り付けたりすることで、徐々にタバコへの嫌悪感が形成されます。当クリニックは原則院内処方ですので、お薬はその場でお渡しできます。

保険適用で受けられます

当クリニックは、生野区の診療所として初の禁煙治療に関する保険取り扱い医療機関に指定されて以来、多くの患者様に禁煙指導を行ってきました。当クリニックの禁煙外来は保険適用で受けられますので、お気軽にご連絡ください。

保険適用の条件

保険適用で禁煙治療を受けるためには、次の条件を満たす必要があります。

  • 今すぐ禁煙をスタートすることを希望しており、文書により禁煙治療に同意して頂ける方
  • ニコチン依存症のスクリーニングテストが5点以上の方
  • ブリンクマン指数(1日の平均喫煙本数×喫煙年数)が200以上の方(2016年4月から、35歳未満の方は、200未満でも保険が適用されるようになりました)

これらは問診票および診察の結果などで決定されます。

失敗しても1年後には再び保険適用で治療が受けられます

保険適用となるのは、約3ヶ月間(計5回)の通院までです。その途中、禁煙に失敗すると1年間は保険適用で禁煙治療が受けられなくなります。
しかし、見方を変えれば「一度失敗しても、1年後には再び保険適用で禁煙治療が受けられる」ということですので、一度失敗してもすぐに禁煙を諦めずに、再度チャレンジするようにしましょう。

禁煙治療の流れ

健康保険を利用した禁煙外来では、3ヶ月(通常12週間)で5回の診察となります。

1ニコチン依存症の確認

治療前の問診と診察で禁煙治療のための条件を確認します。

2呼気一酸化炭素濃度の測定

タバコの有害物質をどれくらい体内に取り込んでいるかは、タバコの吸い方によって変わり、タバコの本数だけでは正確に把握することはできません。そのため、タバコに含まれる有害物質(一酸化炭素)の体内への取り込み状況を吐息で測定します。

3肺年齢測定

必要に応じて肺年齢を測定します。同性・同世代の方と比較して現在のご自身の呼吸機能がどの程度であるか(実年齢との差)が確認できます。

4禁煙スタート

禁煙開始日を決めて、禁煙生活をスタートさせます。

5禁煙実行・継続に向けてのアドバイス

禁煙を開始すると、タバコによって補われていたドーパミンが脳内で足りなくなり、禁断症状が現れる場合がありますが、禁煙補助薬などを服用・貼り付けることで、次第に症状が和らぎ、タバコがなくても大丈夫な体にすることが可能です。
しかし、禁煙補助剤を使ってもタバコを吸いたい気持ちが強く現れることもありますので、「禁煙を決意した動機を思い出す」などのモチベーション維持のための心の持ちようや、「冷たい水を飲む」などの実際的な方法をアドバイスします。

喫煙の快感を忘れるまでに約1年かかります

約3ヶ月の禁煙外来を終了しても、喫煙の快感を体が忘れるまでに約1年かかります。そのため3ヶ月の禁煙治療が成功しても、1年以内にまたタバコを吸ってしまうことがあります。
現在、主に使用されている経口禁煙補助薬は、保険が適用される3ヶ月の禁煙プログラムが終了した後も服用することが可能です(ただし自費診療となります)。
当クリニックでは禁煙治療を成功に導くだけでなく、それ以後の禁煙継続(完全な禁煙)も目指して様々な提案をさせて頂きます。完全な喫煙を目指して一緒にがんばりましょう。

いかみクリニックブログ アンチエイジング Facebook 禁煙外来・AGA外来ネット予約
bottom_tel.png
TEL:06-6757-1346
 診療時間:9:30~12:30 16:30~19:00